架空鉄道 小野川電鉄
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

500形
500形
500形は、ロマンスカー300形の置き換え用として1978年から増備が始まりました。300形は車齢18年とまだまだ一線で活躍できますが、非冷房車で冷改工事が必要でした。そのためには長期間の運用離脱が必要で、一般車が代走することになるとサービスレベルの低下が問題視されていました。

また国鉄でも、山陽新幹線博多開業で余剰となった153系が快速に投入されるなどサービスアップが進み。接続する小野川電鉄も国鉄並みかそれ以上のレベルを持つ車両を投入したいという思いがありました。
300形を格下げして一般車と運用すれば旧型車の置き換えも進み、一石二鳥です。

台所事情の厳しい中で新車導入を行うため、コストダウンとして既存の部品、設計を極力流用する形で車両の製作が進められました。車体は、車体長19500mm・最大幅2950mmの大型車体を採用。裾絞り車体・高運転台構造と国鉄近郊形電車とほぼ同一のスタイルです。
車体はロマンスカーらしく2扉。車内にはずらりと並ぶ転換クロスシート。小野川電鉄で初めて両開き戸を採用、普通列車の運用も考慮しています。

モーターは三菱電機製の75kwモーターで、WN駆動、1C8MのオールM車という構成は300形と大きな点は同じ。ただ、台車は300形が空気バネだったのに対し、500形は国鉄のDT21形台車と同一の金属バネ台車です。乗り心地は500形の方が少しワイルドですが、最高速度95km/hで座席定員までの乗車がメインなので問題ではありません。

全体的にコストダウンを意識した設計になっていますが、国鉄の意欲作キハ66・67、117系と同じ設備を持つ地方私鉄では大変意欲的な新造車となりました。計画では3編成を増備して300形を完全に置き換えるつもりが、資金的な問題もあり必要最低限の2編成で増備は打ち切られ、300形は予備車として特急運用を続けることになりました。

現在も特急運用を中心に、朝夕ラッシュ時も大型車体を活かして運用に入ります。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。