架空鉄道 小野川電鉄
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の譲渡車
・7000形(旧小田急2220形)
7000形
小田急2200形は1954年に登場した小田急の新性能電車。軽量車体、直角カルダン駆動で乗り心地の良いアルストーム台車、高い性能を誇るHSC-Dブレーキ、1台の制御器で8台の主電動機を動かす1C8M採用し、2両の電動車でユニットを組むMMユニット方式のオールM編成など当時の新技術をいち早く採用した「初期高性能車」に分類される車両だ。
登場当時は持ち前の高性能を大いに活かし、急行から各停運用をこなすオールラウンダーとして大活躍した。
ただ、新技術を意欲的に採用しすぎたあまり製造・保守コストの高さが問題となり、この反省が後の2400形(HE車)の登場につながる。

小田急2220形は1958年に登場した2200形の改良版として4両固定編成4本が製造されるが、後にHE車の増結用として2両編成に改造される。
性能的には2200形と同一であるが、整備に非常に手間の掛かる直角カルダン駆動からWN駆動に、電動機出力は同じ75kWだが2200形とは別の物を採用、歯車比も大きくなるなど改良されている。

小野川電鉄では老朽化した自社発注車の取替え用として1984年に2両編成3本が導入され「7000形」として活躍を開始した。入線時に塗装の変更、通風器の取替え(ガラベン→グロベン)や必要の無い種別表示幕の閉塞などの改造が行われている。
台車は2220形時代から装備していたFS316台車のまま入線したもの小野川電鉄の軌道と相性が悪く、高速走行時はとにかく揺れて乗り心地は良くなかったという。
一度、特別修繕工事を受け冷房化をされ、京王5000系とバトンタッチする形で1994年に全車が引退、廃車された。

7000形の導入に合わせ、200形のHSC制動化や8000形(元:省線モハ50系)の近代化工事が行われるなど小野川電鉄の近代化に貢献した車両だった。


・8000形(旧国鉄モハ10系)
7000形
1964年に山陽本線横川~小郡(現:新山口)間が電化され、ついに山陽本線は1本の架線で結ばれるようになった。
これに合わせて小野川電鉄も600Vから1500Vに昇圧し、国鉄とこれまでの客車・気動車だけでなく電車の直通運転を行う事が計画された。
既存車両の昇圧工事は、単行のM車を2両固定にし直列でつなぎMMユニット化する方法で進められた。当時、乗客の増加により2両・3両を組む事が多くなっていたので単行運転が出来る車両が減ることは大きな問題では無かった。その一方で、車齢の高い車両や昇圧に対応出来ない車両の置き換え、不足する車両の補充用として国鉄からモハ10系の払い下げを受けたのがこの8000形である。

払い下げられたのはモハ10系の中でも旧モハ50系のグループで、昭和初期の省電では半鋼製車のモハ30系が製造されていたものの、省電車両の多くはまだ木造車で占められてた。これらの木造車を一刻も早く安全な半鋼製車に置き換えるために価格の高い電装品やパンタグラフ・台車などを木造車から流用し、鋼製の車体を組み合わせて1934年に製造されたモハ50系である。

8000形(旧モハ10系)は車体の老朽化が問題になっていた木造車の台枠や電装品を利用し鋼製の車体に載せ換えて製造したため、車体こそ新しくても電装品は古く、車齢が置き換えられる在来車よりも高い車両もあった、やむを得ないとはいえ矛盾を感じる車両の置き換えであった。
その後、7000形(小田急2220形)導入に合わせて、車内設備のレベルを少しでも近づけるのを主な目的に、老朽化した電装品の取替えと窓のアルミサッシ・Hゴム化や内装の塗装を更新するなどの近代化工事が行われた。
適当な車両があるなら8000形も置き換えてしまいたかったのだが、台所事情の厳しい小野川電鉄では8000形よりも重要度の高い自社発注車の置き換えを小田急2220形の購入で行うのが精一杯だったのだ。
車体の更新を行ったこと、国鉄の標準部品は部品の確保が容易で取り扱いやすかったこともあり1988年の京急1000形入線まで活躍した。
8000形リニューアル

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。