架空鉄道 小野川電鉄
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笠井町駅の喫茶店
高校が中間考査に入り、午前中で授業が終わるようになった。
そのまま帰ると学生だらけの満員電車に巻き込まれるので、僕は図書館で時間を潰してから一人ふらふらと電車で帰ってきた。

笠井町駅は、黒い瓦屋根の木造駅舎。
駅の事務室は喫茶店に改装されている。長年、駅の近くにあった喫茶店がマスターの代替わりを機に移転してきたそうだ。

駅を人の集う場所に――。
電車に乗ってもらえなくてもいいから、鉄道を身近に感じてほしい。という小野川電鉄からのオファーに応えたという。

時間は1時半を少し過ぎたところ。そういえば、お昼ごはんどうしようか。

「純喫茶 トロリー」の札がゆれる入口には、小さな黒板が置かれ


本日のおすすめ!
・春の野菜カレー
・昔ながらのナポリタン


と書かれている。

この駅をずっと通学で使っていたけど、このお店に入ろうと思ったことはなかった。あることはなんとなく分かっていたのに。
縦長のステンドグラスが走るアールデコ調の扉は開け放たれ、店内の様子がよく分かる。

ちょうど誰もいない。


……今なら入れるか?


そう、初めての喫茶店は誰でも緊張するもんさ。
自分に言い聞かせながら恐る恐る、でもそんな風に見えないように振る舞ってドアをくぐる。

「いらっしゃいませ」若いマスターが出迎えてくれた。

白色の壁と、深緑の窓枠、木の温かみの残るテーブルと椅子がおしゃれな感じ。
山吹色のランチョンマットが置かれた2人掛けのテーブルが4つ。カウンター席が5つ。和風の木造駅舎と、洋風の内装のギャップが面白い。

「お好きな席にどうぞ」

窓際におかれたシンゴニウムが、春風にさらさらと揺れている。

「えーと、昔ながらのナポリタンで」カウンター席に腰を下ろしながら注文をする。
「大盛りも出来ますよ?」
「え、じゃあ……大盛りで」

かしこまりました。というと同時に素早く調理が始まる。鮮やかな手さばきを見るのもカウンターの楽しみ。

ほどなくして、ナポリタンが僕の目の前にあらわれた。

銀色の楕円形の皿に、太麺で少しやわらかめスパゲティが山盛りに。具はベーコン、たまねぎ、マッシュルームとピーマン。たっぷりのトマトピューレで味付けされている。
なるほど確かに昔ながらのナポリタンだ。一緒に出てきた粉チーズを軽く振っていただく。

開け放した窓から、カランカランと踏切の音、そして電車が近づいてくる。
「電車が来るの、よく分かりますね」なんとなく話してみる。
「駅ですからね。こっちに来てから、すっかり電車の時間にも詳しくなりました。あ、この時間だから急行だなって」と苦笑い。

食べ終わってから、グラスの水を飲み干して席を立つ。

「ごちそうさまでしたー」
「ありがとうございます……そういえば、鉄道研究会入ってますか?」マスターがレジを叩きながら僕に聞く。
「え?鉄研ですか。違いますよ、友達はいるんですけどね」
「あぁ、そうなんですか。よく来てますよ、鉄研のメンバー。お会計、550円です」
「それじゃあ、今度は鉄研のメンバーと一緒に来ますよ」そう僕が言うと、よろしくお願いします。とマスターが笑う。

お店を出ると、土間の待合室を涼やかな風が吹き抜けていく。
駅前に人影はなく、雑然と止められた自転車たちが部活帰りの学生を待っている。


次は、メロンソーダ……ホットケーキもいいな。いや、やっぱり正統派でコーヒーを楽しむべきか。

楽しい悩みは、しばらく尽きない。
スポンサーサイト
おのでんグッズ紹介
小野川電鉄は、しがない地方の中小私鉄です。色々な経営努力をしていますが、運賃収入だけでは少々厳しいのが現状です。そこで、このようなグッズを制作、自社だけでなく他社のイベントにも参加、販売を行っています。
また地元の方々には、このような小野川電鉄グッズ、おもちゃに親しんでもらうことで、電車の存在を身近に感じてもらい「マイレール意識」を醸造しようという狙いもあります。

・ショーティートレイン ― 小野川電鉄 5000系  価格:1000円
ショーティートレイン
おのでん5000系があのショーティトレインになりました!
車両のリアリティーはそのままに、車体を短くしたミニモデル。接着剤不要、簡単な組み立ての塗装済みキットで、幅広い世代から人気の商品です。

・Vゲージ ― 01小野川電鉄 ほか  価格:各630円
Vゲージ
架空玩具メーカー「スネイル商会」(現在HPは閉鎖)より、300系をモデルとしたダイカストモデル「Vゲージ」が発売されました。小さな子どもでも扱いやすく、ほかにも架空鉄道各社のカラフルな通勤電車が多数ラインナップされています。集めてよし、つなげて遊ぶもよし、楽しみかたは無限大。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。